ここはクリニックの庭。身体や心に不安を抱える患者さんや、日々忙しく働くスタッフたちの癒やしにと、院長先生と夫人がつくった庭です。一年365日を通じて季節の花が咲き継ぎ、さまざまな表情を見せる庭とその舞台裏をご紹介します。夏はユリが庭の見どころを作ってくれます。ただし、ある害虫に要注意! 害虫対策も併せてご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

バラの後に夏の庭の見どころを作ってくれるユリの花

ユリの咲く夏の庭

バラの花が終わり、6月に入ると雨が続き、梅雨の晴れ間にはいきなり気温が30℃以上になるので、庭の花たちには厳しい季節です。バラの頃は何もかもが美しく咲いてくれて、どこを見渡しても美しかった庭風景ですが、夏へ向けてはそうはいかないものです。虫も出てきますし、うどん粉病や黒点病なども出てきて、葉っぱがかじられたり黄色くなったり…。蒸して暑い日本の夏の気候では、頑張って庭仕事していても、虫も病気も出るもの。庭全体をきれいに保とうとすると、とても労力がかかり庭づくりが嫌になってしまうかもしれません。ですから、夏は庭のところどころに見どころをいくつか作っておくような庭づくりをしています。するとそちらに目が集中し、庭がきれいに見えるのです。目を集中させるものをフォーカルポイントといいますが、夏の庭ではユリがその役目を果たしてくれます。

ユリの種類・花の咲き方によって植える場所をセレクト

ユリの花

ユリの種類はとても多くて、花の雰囲気もかなり違います。上の写真のユリの花は、スカシユリ系の品種です。1茎から何輪もブーケのように咲いて、ボリュームたっぷり。球根を植えて5年くらいしたら、分球してこんなにたくさん花を咲かせるようになりました。5月はピンクや赤いバラがたくさん咲いている場所に、夏はこのユリが代わって華やかに彩ってくれます。庭の奥のほうですが、草丈も私と同じくらい高くなり、待合室の窓から見てもよくピンクの花が見えます。

シャンデリアリリー

この花はシャンデリアリリー。先ほどのスカシユリと比較すると華奢で、細い花茎を伸ばしていくつも花を咲かせます。下から咲き上がって、あちこちを向いて咲く花々はまさしくシャンデリアのようで、本当にワクワク。繊細で素朴な雰囲気もあり、とても気に入っているユリです。アオダモの側に植えていますが、葉影がちょうどよいようで、球根を植えて3年目ですが、よく増えてあちこちから出るようになりました。

シャンデリアリリー
華奢な雰囲気で咲くシャンデリアリリー。
黒いユリ

黒いユリは1茎に1〜2輪しか花を咲かせませんが、シックで落ち着いた雰囲気を庭にもたらしてくれます。この不思議な花色が魅力的に見えるよう、白花のアジサイ‘アナベル’の手前に植えたり、同色のリシマキア・アトロプルプレアと一緒に咲かせたり、いろいろ工夫してみています。

黒いユリとアナベル
黒いユリのバックにあるアジサイ‘アナベル’。

ユリの害虫「ユリクビナガハムシ」にご注意!

ユリクビナガハムシ
ユリの葉を食害するユリクビナガハムシ。Vadym Zaitsev/Shutterstock.com

ユリは植えっぱなしで何年も咲いてくれる丈夫な花ですが、一つだけ注意しないといけないのが「ユリクビナガハムシ」です。じつはある時、この虫にとんでもない目にあわされたことがあります。暖かくなるにつれ、ぐんぐんとユリの茎が伸び、つぼみがつき始め、花を楽しみにワクワクしながら暑さの中で庭仕事をしていたある日のこと。翌朝、庭を訪れてみたら、突如として庭のすべてのユリのつぼみが一つもなくなっていたのです。一つも! 何が起きたのかさっぱりわからず、目がパチパチ。でも原因はすぐにわかりました。犯人がそこにいたのですから。それが「ユリクビナガハムシ」です。幼虫は泥を背負ったような格好で(実際は自分のフン!)、成虫は赤褐色の艶々した甲虫です。米子のすぐ隣の島根県農業技術センターの病害虫データによると、「市販の病害虫解説書には全く触れられていない」ほど、あまり知られていない害虫だということですが、成虫も幼虫もユリを食害するユリ専門の害虫です。体長1cmほどの小さな虫ながら、株を丸坊主にしてしまう大食漢。「このユリはあなた方の食用に育てているんじゃないの!」と怒ってみたものの、時すでに遅し。その年はユリの花を一輪も見ることができませんでした。

ユリの害虫対策は「オルトランDX粒剤」と「Xネクストスプレー」

ユリの庭

前述の病害虫データによると、この虫は4月下旬頃から現れるそうです。私はユリのつぼみができ始める少し前に、殺虫剤の「オルトランDX粒剤」をユリの株の周りにまきます。さらに念には念を入れて、「ベニカXネクストスプレー」もつぼみにスプレーしています。以来、私の庭ではユリクビナガハムシの被害に遭うことなく、毎年きれいな花を咲かせてくれています。インスタグラムにユリの写真を載せた際、同じ被害に遭われて、もうユリを抜いてしまおうと思っている、という方がいらっしゃいましたが、私には本当にその気持ちがよく分かります。ユリの球根は秋に植え、花が咲くまでに7〜8ヶ月間もかかるのです。

病害虫はガーデニングをしていれば必ず遭遇することなので、私はあまり完璧に防除しようとは思っていません。バラなどもバラゾウムシにやられてつぼみを落としてしまうものもありますが、それでも残った花で十分楽しんでいるくらいです。でも、ユリクビナガハムシといったら一輪も花を残しておいてくれないのですから…。植物を丸裸にしてしまうような虫は、庭での共存が難しいタイプです。

ユリ
淡いオレンジのユリ。この花も1茎から何輪も花が咲き、薬局側の花壇を華やかに彩ってくれます。

ユリの花後の手入れ方法

ユリの庭
遠くにあってもピンクのユリはよく目立ちます。

ユリの花が終わったら、1/3くらい茎を残して切ります。残った葉茎で光合成し、栄養が球根に届けられ球根が太っていきます。だから特に施肥をしなくても大丈夫。その後、秋になって茎が枯れてきたら、株元からポキっと茎を折り取ります。地上部は全く何もなくなりますが、球根はそのまま土中で冬を越し、来春になるとまた芽が出てきます。スカシユリ系のユリの芽は、まるで竹の子のように春になるとニョキッと土の上に生えてきます。その力強い芽を見ると、「あっ!また会えた!」と嬉しくなります。さまざまなことが不安定な世の中にあって、季節が巡れば必ず芽を出し、花を咲かせてくれる庭の植物たちは、癒やしそのものです。

Credit

庭施工/Lovely Garden(ラブリーガーデン)

住所:鳥取県米子市両三柳839
電話番号:0859-24-1500
http://www.lovely-garden.jp/shop.html

話/面谷ひとみ
ガーデニスト。鳥取県・米子市で夫が院長を務める面谷内科・循環器内科クリニックの庭づくりを行う。クリニック開院にあたり、自らも看護師として大学病院などで勤務してきた経験を生かし、患者にも医療従事者にも癒しとなる空間を作るために、バラと草花が調和する庭づくりを開始。一年中美しい風景を楽しんでもらうために、日々庭を丹精する。NHK出版『趣味の園芸』テキストで安酸さんとの庭づくりの日々をつづる連載が人気をよんだ。

https://www.instagram.com/hitomi_garden/?hl=ja

撮影・取材・まとめ/3and garden

Print Friendly, PDF & Email