2022年も華やかなバラのシーズンが到来しました! 私たちを取り巻く情勢はまだ決して平穏ではありませんが、そんななかでも、バラをはじめとした初夏の花々は力強い姿で私たちに元気を与えてくれます。ガーデンストーリーでは、恒例の【Instagram バラのフォトコンテスト】を5月1日(日)より開催いたします! 今シーズンに撮影した“お気に入りのバラ”の写真をInstagramに投稿して、ぜひご応募ください。締め切りは2022年7月15日(金)。入賞された方には、バラやガーデニングにまつわるステキな賞品をプレゼントいたします。ご応募お待ちしています!

Print Friendly, PDF & Email

■テーマ

「2022年私のお気に入りのバラ」

■エントリー方法

STEP1:お気に入りのバラ、心を打たれたバラのあるシーンを撮影

STEP2:ガーデンストーリーのInstagram公式アカウント「@gardenstory.jp」をフォロー

STEP3:写真にハッシュタグ「#ガーデンストーリー」「#バラのフォトコン2022」と、メンション「@gardenstory.jp」の3つを付けて投稿

※ハッシュタグ、メンションが間違っていると審査対象外となりますので、ご注意ください。

■賞品

●最優秀賞(1名様):
ウィリアムモリス柄の鉢と燕三条の職人技光るガーデニングナイフ

ウィリアムモリス柄の鉢

最優秀賞には2つの賞品をご用意しています。1つ目は英国製のウィリアム・モリスの鉢。イギリスのモダンデザインの父と呼ばれ、美しい植物パターンを数多く生み出した芸術家ウィリアム・モリスのデザインから、人気の「ひな菊」デザインをモチーフにした植木鉢です。どんな植物も美しく見せてくれる上品なグレーの釉薬仕上げで、テラコッタカラーのモチーフとボトムにぐるりと刻まれたモリスの名前が上品な一鉢。13号サイズで寄せ植えならたっぷり花が植えられ、バラの鉢植え栽培にも最適のたっぷり容量です。提供/澁谷商店

※画像はイメージです。寄せ植えの植物は入りません。

ガーデニングナイフ

2つ目は、世界的に有名な刃物の産地、新潟県燕三条の職人の粋を集め、細部にこだわり設計されたガーデニングナイフ。縄切、つる切り、枝打ち、ツタの切断などのナイフとしての用途のほか、球根や苗の植え替え、穴掘り、山菜採集、土盛り、株分けなど、幅広い作業に使えるアイテムです。特に根が固まってしまったような地面の穴掘りなどに力を発揮します。アウトドアのお供としても役立ちます。

刃は、包丁と同じ仕上げにより切れ味がよく、ハンドル部分は、刃の方向に滑らないように設計されています。また、ウォルナットを使用しているので、手になじみやすく、長くご使用するほど味が出てきます。本革(栃木レザー)ケース付き。提供/浅野木工所

※サイズ:頭部 170×45mm/柄の長さ 130×45mm
※材質:頭部 ステンレス/柄部 ウォルナット(頭部には、硬度を出すために炭素を含んだステンレス【420J2】を使用しています。炭素が入っているので、錆びることがあります。錆防止のため、ご使用後は水気を柔らかい布でふき取り、乾いたら植物油などを塗布し保管することをおすすめします。
※計約22,000円相当

●優秀賞(2名様):
「横浜イングリッシュガーデン」年間パスポート&おしゃれで機能的な「小さな寄せ植えツール3点セット」

優秀賞にも2つの賞品をセットでご用意しています。1つ目は神奈川・横浜市のバラを中心とする英国式庭園「横浜イングリッシュガーデン」の1年間の入園料が無料になる年間パスポートをはじめとした嬉しい特典がいっぱいの横浜イングリッシュガーデン「YEGメンバーズクラブ」会員資格(一年間有効)です。

現在、5月29日(日)まで「ローズ・フェスティバル2022」開催中の「横浜イングリッシュガーデン」は、バラの育種家である河合伸志さんがスーパー・バイザーを務め、約2,200品種 2,800株に上る国内外でも屈指のバラのコレクションが咲き競う人気のガーデンです。早春の球根花から満開のバラ、300種のアジサイ、次々と咲き継ぐ宿根草や一年草の花々、そして秋の紅葉と、季節の移ろいにつれてドラマチックにその表情を変えていくガーデンを、1年間お好きな時期に何度でもご訪問いただけます。ぜひ、今年の「横浜イングリッシュガーデン」を訪れて、「#横浜イングリッシュガーデン」と書き添え、バラのフォトコン2022にご応募ください。

※「YEGメンバーズクラブ」は、当選者本人様限り1年間有効です。また、受賞後の入会日から一年後に、継続更新の場合は費用のご負担をお願いいたします。特典内容について詳しくは、HPにてご確認ください。提供/横浜イングリッシュガーデン

そして2つ目は、寄せ植えに便利なミニサイズのガーデンツール3点セット。見た目の愛らしさとは裏腹に、刃物で世界的に有名な燕三条の職人の技術の粋を集結した本格派。スコップは職人のハンドフィニッシュで作り出す絶妙なエッジで、硬い土にも軽く入り、株分けの際の根切りにも活躍します。スコップの後方にはストッパーの立ち上がりがあり、用土をすくう際の土こぼれを防いで作業効率もgood! ラシーン(根ほどき)は、混み入った植物の根をほどくことができ、植え込み時や植え替え時に使うと植物の生育がよくなります。カルチベーター(熊手)は鉢内の土を掘り起こしやすい強度と角度に設計されており、施肥や中耕の際や根ほどきにも活躍します。素材はすべて錆びにくく丈夫なステンレス製で、最も使用頻度の高いスコップは刃先に焼き入れ・焼き戻しといった熱処理、丹念な刃先の研磨が施され、株分けもできる切れ味と、安全性に配慮したなめらかさを両立しています。柄の素材はスノービーチと呼ばれる新潟県の天然のブナの間伐材で、白くなめらか。木工職人の加工技術で、持ちやすい丸みと温かくやさしい感触を実現しています。ミニサイズなのでベランダガーデンなど、スペースが限られた場所のガーデニングにも最適です。商品販売/浅野木工所 提供/3and garden

*サイズ:スコップ全長20cm、頭部長9.5×幅5.8cm/ラシーン(根ほどき)全長19cm/カルチベーター(熊手)全長18cm、頭部幅5.5×奥行き9.5cm
※画像はイメージです。寄せ植えの植物は入りません。
※計11,600円相当

●特別賞(5名様):
燕三条の職人が丁寧に作った「ハンドスコップ」または「ハンドフォーク」

ハンドスコップ&フォーク

特別賞の賞品は、クラシックなフォルムのハンドサイズが特徴の浅野木工所のガーデニングシリーズに新登場したハンドスコップまたはハンドフォーク(どちらが届くかはお楽しみ!)。

本格仕様のハンドスコップは、焼入れ処理を行い硬度を上げたしっかりとした刃で、土への刺さりが良く、穴掘りだけでなく根切り作業にも使えます。刃先はお手入れしやすいステンレス製。苗の植え替えをはじめ、幅広いガーデニング作業にお使いいただけます。

こだわりの角度で作業がはかどるハンドフォークは、ガーデニングの本場・イギリスで定番のガーデニングツール。ガーデナーからのアドバイスをもとに試作を重ね、使いやすさにこだわって爪の角度や長さを設計。焼入れ処理を行い硬度を上げたしっかりとした爪なので、苗の植え替え時に、土をほぐす・穴を掘る・株分けなど、さまざまなシーンで活躍します。爪と爪の間に空いた適度な隙間により、土をフカフカに耕しやすく、また、根に負担をかけることなく植物の植え替えができます。土に深く根を張った雑草抜きにも便利です。

ハンドスコップ・ハンドフォーク共に、刃部全体の硬度を上げるため、真空状態の炉内の温度を徹底管理して熱処理を行うことにより、ムラがなく、歪みにくく変形しづらい頑丈な作りに仕上がっています。

どちらも引っ掛けて収納できる革紐付き。提供/浅野木工所

※サイズ:ハンドスコップ 全長315cm、頭部 150×72mm、柄の長さ 140mm/ハンドフォーク 全長 290cm、頭部 120×76mm、柄の長さ 140mm
※材質:頭部 ステンレス(焼入れ処理)/柄部 ウォルナット
※約4,000円相当

●編集長賞(1名様):
河本麻記子さんのコンクール受賞品種‘アジュール’&ご自宅の庭をガーデンストーリー編集部が取材&撮影!

「国際香りのばら新品種コンクール」で銅賞を受賞した河本麻記子さんが作出した‘アジュール’の大苗をお送りします。6カ国49品種のエントリーから選び抜かれたその香りは「爽やかなヒヤシンスグリーンの香りと甘い蜂蜜様の香りが混在したダマスク系の香り」と評されます。ぜひ、庭で咲かせてその香りを確かめてください。アジュールとは刺繍糸を引きしめ、レースのような透かし模様を布の上に作り出していくフランスの刺繍技法。手芸を愛する河本さんらしい命名ですが、細やかに波打つ花弁が幾重にも重なって、花のなかに描き出される陰影は、そんなアジュール刺繍の繊細さを思わせます。透き通るようなピンクのグラデーションも庭にエレガントかつロマンチックな雰囲気をもたらしてくれるでしょう。樹高は育てやすい80〜90cmで、繰り返しよく咲く四季咲きです。

さらに、ガーデンストーリー編集部がお庭のいい季節に訪ねて、取材と撮影をさせていただきます。後日、ガーデンストーリーのウェブサイトにて庭の見所と庭づくりストーリーを記事にしてご紹介。自慢のお庭をお披露目するチャンスです!

※Priceless!

●ディレクター賞(1名様):
ご希望の文字をカリグラフィーで! オーダーメイドのオリジナルプランツタグ2点

カリグラフィー
画像はイメージです。プランツタグの形が変わる可能性がございます。文字はご希望の文字を承ります。

上品な色形が人気のベルツモアジャパンのプランツタグに、美しいカリグラフィーでご希望の文字を書いたオリジナルプランツタグ2点をディレクター賞の1名様にお贈りします。

バネを作って70年超え、ガーデン資材を作り始めて20年以上、アーチやフェンスなどのオーダーメイドも受けるベルツモアジャパンでは、製品一つひとつを職人が丁寧に製作。植物をより美しく魅せるための資材を、「シンプルに、丈夫で長く使える」をコンセプトに多数生み出しています。今回は、2種類のプランツタグをお届けします。提供/ベルツモアジャパン

そのプランツタグに文字をのせるのは、神奈川県横浜市で「癒しのリラックスカリグラフィー教室」を主宰するカリグラフィー講師の町田真澄さん。楽しさと美しさ両方を兼ね備えたモダンカリグラフィーをレクチャーする教室のほか、タウン情報誌表紙やショッピングモールのポスターなども手がけ、「得意なのは平筆技法によって描くさまざまなリボンやお花、ペンで書く模様やお花などの装飾」と言う町田さんに、受賞様ご希望の植物名2パターンを書いていただきます。提供/癒しのリラックスカリグラフィー教室

文字数などに制限があります。詳細は受賞者の方に個別にご連絡いたします。
※計3,400円相当

●佳作(10名様)と受賞者全員に!:
住友化学園芸「マイローズ ばらの活力剤」「マイローズ ばらの肥料」

マイローズばらの活力剤・ばらの肥料

植物を通じ、健やかで豊かな「あしたを育てる」お手伝いをする住友化学園芸の「マイローズばらの活力剤 480ml」と「マイローズばらの肥料 700g」をセットでプレゼント。

「マイローズばらの活力剤」は天然由来の植物活力成分を家庭園芸用活力剤として新規配合し、根に活力を与え、光合成を盛んにしてバラを丈夫に育てます。

天然有機により土質を改善し、さらに、豊富なミネラル、アミノ酸、ビタミンなど植物全体に活力を与える成分を配合。バラ栽培を栄養面からトータルサポートします。

「マイローズばらの肥料」は、元肥はもちろん、株のまわりにも追肥としてばらまくだけで、施肥後すぐに効きはじめ、約2~3カ月間しっかり効果を発揮します。温度変化にあわせて肥料の溶出量が調節される「リリースコントロールテクノロジー」を採用。暖かく生育が盛んな時期は肥料成分が速やかに溶出され、逆に冷涼で生育が鈍くなる時期は肥料の溶出は緩やかになります。効率よく栄養分を与え、バラを丈夫に育てて美しい花を咲かせます。提供/住友化学園芸
※1,870円相当

■締切

エントリーは2022年7月15日(金)17:00まで。

■審査方法

主催者による厳正なる審査を行います。

■結果発表

2022年7月下旬予定。受賞者の方にはInstagramのDM(ダイレクトメッセージ)にてご連絡いたします。

■協賛

澁谷商店/浅野木工所横浜イングリッシュガーデンベルツモアジャパン癒しのリラックスカリグラフィー教室住友化学園芸

※プロ・アマチュアは問いません。どなたでもご応募できます。
※お一人様何度でもご応募いただけますが、1回につき写真1枚でのご投稿にご協力をお願いいたします。
※ユーザーアカウントを公開アカウントに設定してください。
※受賞者の方が投稿された写真は、ガーデンストーリーのSNS・サイト等に掲載させていただきますので、あらかじめご了承ください。
※未成年の方が応募する場合は、保護者の方のご同意を得たうえで応募ください。
※フォローを解除されますと、正常にダイレクトメッセージを受信できない可能性がありますのでご注意ください。
※賞品の発送は日本国内に限らせていただきます。
※人物が入っている写真を投稿する際は、被写体となる方の許諾を得てください。肖像権に関するトラブルにつきましては、運営者は一切の責任を負いかねます。

皆さまのたくさんのエントリー、お待ちしております!

Credit

ガーデンストーリー News & Event 編集部

花や庭、自然に関する最新のニュースやイベント情報を発信しています。
情報随時募集中! 下記アドレスまでお寄せください。
info@gardenstory.jp

Print Friendly, PDF & Email